包茎手術

日本人は包茎である方がそれなりに多いといわれています。正確な統計は取れていないとは言え、6割、というのが一般的な数です。ですが、カントン包茎などの害のある場合ならともかく、大多数であろう仮性包茎は包茎手術を行なう必要があるのかどうか疑問があるところです。皮の部分に恥垢が溜まりやすいと言うのなら、こまめに洗えばよいですし、皮に守られている部分に危険性があるわけでもありません。それに、仮性包茎は病気とみなされなず保険が利かない場合もあるのです。包茎が恥ずかしいから手術をする、という今の風潮にはおかしい部分があります。もちろん、カントンや真性に対しては包茎手術はするべきです。自分で隠れた亀頭のケアができないと言うことは、どのような付随症状が起きるかわからない為、早期の治療が望ましくあります。ですが、体に害をなすから手を加える、というスタンスは守るべきなのではないでしょうか。現在のファッション的な整形と似通った何かを感じてしまいます。包茎手術は必ずしもやらなければいけない事ではありません。よく意味を考えて、自分の意思で行動してください。6割が包茎だと言うのなら、6割も同じ人がいるのです。少数派ではありません。

 

オススメ!
http://xn--uir411dcxgmkn.cc/
包茎治療、包茎手術|安心・安全、低価格な優良クリニック特集

一口に、「包茎」と言っても、その種類は3つに分けることが出来ます。一つ目は仮性包茎。これは包茎の中では最も多いタイプです。手でむくことで亀頭を簡単に露出させることが出来ます。軽度から重度までその症状は様々です。二つ目にカントン包茎。これは、亀頭を露出させることは出来ますが、包皮の出口が狭いため、無理に行うと元に戻すことが出来なくなることがあります。最後に真性包茎です。これは、包皮口が非常に狭い、亀頭と包皮が癒着を起こしているなどの理由から、平常時には亀頭を露出させることが出来ません。早期の包茎手術が必要となります。(※手術をしないでも自力で治せる器具、キトー君などがありますが、実際のところの効果についてはどうなのか不明な点も多いかもしれません。)包茎手術をする前には、カウンセリングを行います。手術当日の流れを説明し、その後、医師による診察が行われます。そこで、状態の確認、把握を行います。治療に対する疑問や悩みなどがあれば、ここで相談しておくと良いでしょう。その上で、適切な治療法を提案していくことになります。カウンセリングで治療法などに納得出来れば、当日にでも包茎手術を行うことが可能です。所要時間は、通常1時間未満で、その日に帰ることが出来ます。後日、抜糸が必要となります。手術後は、翌日からシャワーを浴びることが出来ます。しかし、性交渉に関しては、3から4週間ほどは控えたほうが良いようです。手術によって、今まで持っていたコンプレックスを解消することが出来るでしょう。